e0254608_1434758

以前、建築を通じて子供たちが学ぶ「建築と子供たち」というワークショップを大阪府とコラボレートして、吹田市の児童センターにて行いました。

総勢約50名の小学生が参加してくれ、みんなで一生懸命「木の家」をつくりました。

「建築と子供たち」とは、建築や都市を題材として色々な科目を横断的に学びながら創造力を育てる総合的学習の方法です。建築には様々な分野の方々と関わって、大勢で議論しながら物事を考え、決定していくというプロセスがあります。それを子供たちの教育として、現在のカリキュラムではなかなか学べないようなことを学ぶというのがコンセプトです。

今回は普段使うことのないドライバーなどの工具によって「木の家」を、つくりかたを考えながら組み立てていきました。土台、柱、梁、筋交い、棟木、垂木を組み立てていくと徐々に立体が立ち上がってきます。子供たちも率先してワイワイと組み立てていきました。

家づくり・ものづくり楽しさ、みんなで進めていくことの難しさなど少しでも伝わっていれば幸いです。

2012.06.15/Blog