akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

夏祭り/大阪市西区

夏祭り

お盆に事務所近くの小学校でお祭りがありました。ワイワイにぎわって楽しそう。私の方はお盆も少し仕事をしていますが、ほんの少しだけ夏を感じることができました^^

内部造作工事進行中③/大阪府大東市

コートハウス_ダイニング

内部造作工事が進行中です。天井の板貼りが完了し、スタディコーナーの箱が立ち上がりました。スタディコーナーはキッチンからよく見える位置にあり、お子さんの宿題をチェックすることができます。ようやく、LDKのおおきなFIX窓も納めていただきました。

スタディコーナー_ガレージハウス

スタディコーナーは少しこもった空間で、とても集中して勉強ができそうです。正面の窓は実はキッチンからの勝手口でもあるのですが、勝手口に見えないようにスライドドアを納めていただいています。スッキリとしていてLDKの雰囲気を美しく保つことができる工夫です。

ガレージハウス_リビング

リビングは中庭に面したおおきな窓と、縦横の細長い窓から入る光と風がとても美しいです。現場には夕方にいましたので、西日がオレンジ色に輝いています。放課後の楽しい時間を思い出します。

ガレージハウス_吹付塗装

外壁も吹付塗装が半分ほど進んでいます。今回はブラックよりのグレーブラック。とてもシックでかっこ良いです。なんと奥さまのご要望なのです!!足場がとれるのが楽しみです。

ラフプランの作成/大阪府和泉市

ラフプラン_和泉市

先日、ヒアリングと敷地調査させていただきましたお客さまの、ラフプランを作成させていただきました。眺望と中庭を同時に得ることのできる住まいです。中庭にはローコストでプールをつくれないかも検討中です。リゾートな住まいをコンセプトに楽しくて、快適な住まいを計画中です。

DIY塗装を準備しています/大阪府大東市

ポーターズペイント

工事中の壁をお客さまのDIYで塗っていただけるように、塗装のワークショップに参加させていただきました。石英の入った特殊な塗料で、あえて塗装のムラをつくり、石英がキラキラと陰影をつくる塗料です。基本的には専門の施工業者さんにお願いする必要があるのですが、ワークショップを受け、DIYされる方に限り、塗料を購入できるようです。 塗装はわりと簡単にでき、(DIYの場合は準備や養生の方が大変だと思います)奇麗に仕上がりました、一安心です。

DIY塗装_美しい塗装

塗料や専用刷毛も到着しました。20㎡程度の塗装面積で下塗り、中塗り、上塗りの3工程となります。さてさて、どんな仕上がりになるか、少し心配でもあり、楽しみです^^

天井板貼り/大阪府大東市

板張り天井_デザイン

お施主さまの(私も)念願の天井の板貼りを施工していただきました。ウェスタンレッドシダーを乱張りに見えるように、でも実は均等に貼っていただきました。コントラストのある色合いがとても美しいです。

板張り天井_建築家

LDKから軒裏へ、エントランスホールから玄関ドアの欄間を抜けてポーチ軒裏へ、内から外へ連続していきますのでとても広がりを感じることができます。玄関ドアはピーラーにて制作予定です。

照明の確認/大阪府大東市

トーヨーキッチン照明

ダイニングに設置します照明の確認のため、トーヨーキッチンに行ってきました。大体の色合いや明るさ、素材感や取り付け高さがイメージできました。いい感じに納まりそうです。

この日はキッチンバックの収納棚の色を選定、キッチンカウンターに合わせ、バックのカウンターも色合わせさせていただこうと思います。

キッチンバックのカウンター

お土産をいただきました/大阪府狭山市

イッタラ_北欧建築

北欧へ出張されていましたお客さまより、イッタラのグラスをいただいてしまいました。日本では販売されていないカタチということですが、何となく懐かしいカタチをしています^^

もう一息で着工です、引き続きよろしくお願いいたします。

内部造作工事進行中②/大阪府大東市

和室_窓造作

内部造作工事が進行中です。和室の敷鴨居はタモで納めていただいています。細かな話ですがアルミサッシの樹脂アングル部分も欠き込んでいただいたり、刃掛け(ハッカケ)納まりとしていただくことで、和モダンな空間に仕上げていきます。大工さんの丁寧な仕事を見ると、嬉しくなりますね。

DSCN2739

スチール階段のある、吹抜部は石膏ボードも貼られ、いよいよ完成のシルエットが見えてきました。今回は塗装なので2重貼りです。吹抜の壁の一面は、DIYにて塗装をする予定です、少し変わった塗装なので楽しみです^^

エントランス吹抜

銘木屋さんにて/大阪府大東市

銘木屋さん

大阪府摂津市にあります鳥飼銘木町にお施主さま、現場監督さんと床板を見に行ってきました。当初は和室の床板は簡単なもので考えていたのですが、工事が進むにつれ、費用はそこそこ上がってしまいますが、ご提案させていただこうと思いました。

たくさん並んだ銘木を見るとテンションがあがり、あれはこれはと考えてしまいます。スギ、ヒノキ、タモ、クリからカリン、ウォルナット、ブビンガなどなど、たくさんのものがありました。

和室イメージ

一通り見せていただき、お施主さまが目をつけられましたウォルナットが2500mm×450mm程度の両端耳付きでしたので、2枚を使い、縦に接ぎ、片方の耳をカットしてもらい、畳の上に乗せて、耳を見せる納まりとさせていただきました。モダンな和室で、他にも素材インパクトのある素材を使いますので、ぶつかり合わないか心配しましたが、パースで見るとなかなか良い感じです^^

1 / 11

philosophy

私たちの役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアントと設計者がコミュニケーションを重ねながらのプロセスです。
疑問があればおっしゃってください、ご理解いただけるよう説明させていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことですから。
ひとつひとつのプロセスが、「建てて良かった」というご自身の納得度につながります。
私たちは常に立ち合い、ともに考え、つくっていきたいと考えています。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は日本全国で建築・インテリアの企画・設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。設計前の土地探しから資金計画、お引き渡し後の家具の選定までトータルで建築をコーディネートしています。

ページトップへ戻る