建築家の家_パントリーのあるキッチン最近ではもっぱら必須となりました、パントリーのあるキッチンのご紹介です。津の家_おおきな屋根に住まう楽しみではコストを抑えるために、I型のシステムキッチンとし、前面に造作で壁を立て、対面式のペニンシュラ型キッチンとしています^^

キッチン奥には1帖ほどのパントリーを設けることで、ストック用のおおきな食品庫として重宝します。パントリー内部は中段のみ固定、あとは可動棚とすることで様々な大きさのものを収納することができます。

パントリー内の素敵な色柄のクロスは奥さまが、キッチン面材と一緒にコーディネートされました^^とてもいい感じです。

建築家の家_パントリーのあるキッチン

また、キッチンの手元を隠せるように壁を立ち上げ、その天板はステンレスプレートのヘアライン 仕上げとすることで、シャープでモダンな印象にしています。キッチン側の立ち上がり壁もキッチンパネルとすることで、汚れなどをサッと拭くことのできる素材としています。

建築家の家_パントリーのあるキッチン

キッチンバックは食器棚式の収納とし、インテリアに合わせて白のメラミン化粧板仕上げとしています。食器は一部ガラス扉とすることで、見せることでも楽しむことができます。また、下部にはゴミ箱を収納できるようになっています。

建築家の家_パントリーのあるキッチン

キッチンの前に造作で壁をつけるので、インテリアもお部屋に合わせることができるので、リビング側から見てもとても奇麗に見えます^^

内観4

キッチン廻りは特にご要望をお伺いしながら、使い勝手を考えながら丁寧につくっていきます^^

2015.04.30/Blog