akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

植栽工事/大阪府豊中市

DSC01065のコピー

豊中の家_陽だまりテラスのコートハウスは植栽工事をしていただいています。大きな木々のチョイスとイメージ、レイアウトをさせていただきました。今回はメインにジューンベリー、バンクシア、ユッカ、オリーブ、アカシア、エゴノキ、ドラセナのある少しロックガーデン風にさせていただきました。

DSCN5145

割栗石が入りますと、より締まってきます。これから梅雨を迎え、ひと夏超える頃にはより緑も育ってくれると思います。これで外観も完成です。良い感じに仕上がりました。

DSC01070のコピー

エントランスから見える緑はアオダモ、ヒメユズリハ、コンフーサー、シラカシを植えていただきました。

DSC01113のコピー

和室からはイロハモミジ、ユズを見ることができます。緑が入りますと本当に気持ちよいです。

DSC01069のコピー

中庭にはヤマボウシを植えていただきました。

DSC01066のコピー

お伺いさせていただいた時に、階段ホールに絵を飾っていただいていました。トップライトのあるギャラリー空間に嬉しさがこみ上げてきました。

下地工事/大阪府箕面市

DSC01055のコピー

箕面の家_眺望のガレージハウスはフローリング貼りが完了し、養生していただいています。細かな納まりなどを考えながら、これから壁下地や天井の下地を作成いただきます。

DSC00977

ハンモックの金物はいつも悩みますが、今回はハンモックに加え、サンシェードも取り付けれるようにフックを多めに取り付けますので、こちらのフックを使用しました。ちょっとしたこだわりです。

玄関回りの改修/大阪府大東市

DSC00733のコピー

昨年より携わらせていただきました、大東の家_新旧を繋ぐリノベーションは無事、お引き渡しさせていただくことができました。今回のブログでは玄関回りの改修をご紹介させていただきます。

玄関回りの工事内容としましては、木製引き違い玄関ドアの改修、床、天井仕上げ材の張り替え、一部壁を撤去し、広がりを持たせながら、光を取り込めるように改修、アクセント壁の改修になります。

玄関を入ってすぐ見えるホールは、新しい素材と既存の素材の組合わさる空間です。素材の組み合わせや切り替え、扱いは特に慎重に計画させていただきました。

DSC00754のコピー

玄関ドアはデザインを新しいお住まいに合わせながら、電気錠とすることで、使いやすさも考えさせていただきました。床材はリビングからの繋がりを考え、ウォルナットとし、天井は既存のデザインに合わせ、目地を合わせたシナ合板張りとさせていただきました。全体的な素材のバランスを考えさせていただき、ブラウン系の大理石のアクセント壁をご提案させていただきました。

DSC00756のコピー

一部壁を撤去し、広がりと光を取り込むことができるように考えさせていただきました。アイデアはお施主さまですが、何とかうまく実現できたと思います。この辺りの障子やガラスの納まりはとても苦労しました。

IMG_6418のコピー

既存のお住まいもしっかりとしていて、良いお住まいですが、また違った魅力のあるお住まいになったと思います。

DSC00029のコピー

玄関ドアの改修も納まりをいくつか考えさせていただき、バッチリ納まりました。

門扉工事/大阪府豊中市

DSC00974のコピー

豊中の家_陽だまりテラスのコートハウスは外構の門扉の取り付けをしていただいています。門扉の取り付けが終わりますと、通路部分のタイル貼り、植栽工事と進んでいきます。外廻りも徐々に仕上がってきました。

DSC00852

アプローチのタイル貼り、土間コンクリートも完了し、外廻りも完了してきました。計算通り、打ち合わせ通り、納まりますと気持ちがよいです。

DSC00875のコピー

ルーフバルコニーから南側の眺めは、とても爽快です。天気がよければハルカスも見渡せます。

ガラスパーティションと床暖房工事/大阪府箕面市

DSC00912のコピー

箕面の家_眺望のガレージハウスはガラスパーティションと床暖房工事が完了しています。空間の骨格が見えてきました。引き続き、フローリング貼りや天井の板貼りなど、仕上げ工事と下地工事を進めていただきます。

外観と外構工事/大阪府豊中市

DSC00860のコピー

豊中の家_陽だまりテラスのコートハウスは足場が取れ、外観が見えてきました。コンクリート、塗装、タイルとを組み合わせ、迫力のある外観とさせていただきました。美術館のよう、とお施主さまにおっしゃっていただけたので、良い意味で驚きのある仕上がりだったのではないでしょうか。

DSC00791

また、外構廻りの工事も進めていただいています。玄関回りのアプローチ門扉や階段はタイル割や水勾配に合わせ、バッチリと納まり、デザインと考えさせていただきました。土間コンクリートやタイルが完了しましたら、よりしっかりとした印象になります。

仕上がりの確認/大阪府高槻市

DSC00710

高槻の家_ハイサイドライトコートの家はお施主さまと仕上がりの確認をさせていただきました。キッチン廻りはステンレス、タイル、木、モルタルと様々な素材が組み合わさる場所ですので、組み合わせや納まりも工夫させていただいています。キッチンのすぐ横にはパントリーがあります。

DSC00711のコピー

キッチンからリビング、和室を見ています。LDKを繋げるようにモルタル壁として、水平に伸びる空間をイメージさせていただきました。

DSC00712のコピー

リビングは天井高さ5mで、おおきな窓とハイサイド窓のある空間です。中庭にはお施主さまのお知り合いの植物屋さんにより、シンボルツリーを植えていただく予定です。

DSC01039のコピー

リビングと一体の和室はモダンにして、リビングとの繋がりも考えさせていただきました。収納の引き戸をオープンにして、お仏壇が見えるようにも考えさせていただきました。

DSC01041のコピー

洗面廻りもオーダーの洗面化粧台、ドラム式洗濯機と乾太くんが奇麗に納まるように計画させていただきました。

DSC00891のコピー

階段やリビングのガラス框ドアもデザインを合わせて、空間を馴染ませています。外構工事が終わりましたら、いよいよ、お引き渡しです。

インテリアの確認/大阪府豊中市

DSC00806のコピー

豊中の家_陽だまりテラスのコートハウスの仕上がりの確認をさせていただきました。昼過ぎから確認させていただき、動作や最終納まり、傷や汚れ等を確認させていただきました。

DSC00801のコピー

キッチンから中庭の緑を通してテラスを眺めることができます。日中は日照が入ってくる、とても明るいキッチンとなります。悩みに悩んでいただきましたキッチンカウンターも良い色味で空間に馴染んできます。

DSC00799のコピー

リビングはダウンリビングになるとともに、天井も折り上げていますので、天井高のある、開放的な空間となります。水平窓から見えます竹林の借景も効いています。

DSC00864のコピー

リビングからは中庭テラスや緑が見え、インテリアの石の壁も存在感を出しています。テレビの取り付け位置の確認もさせていただきました。

DSC00845のコピー

寝室は2つの庭のある、贅沢な空間です。スポットライトの位置調整や明るさの確認もさせていただきました。

DSC00831のコピー

陽だまりテラスからは中庭を通して書斎を眺めることができます。夕暮れ時の空の色と照明が美しいです。

DSC00833のコピー

キッチン前のバルコニーからも素敵な眺めです。色々な視点から空間を楽しむことができるのもコートハウスの良いところと、改めて感じました。お引き渡しまでもう少し、お引き渡し前はいつでも、しみじみとしてきます。

1 / 11

about us

私たちは、デザインで日常をよりゆたかにすることをコンセプトに建築を手掛けています。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、日常を楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアント・設計者・施工者がコミュニケーションを重ねながら進めていきます。
ご要望やご質問がありましたら、おっしゃってください。誠心誠意お答えさせていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことと考えます。
ひとつひとつのコミュニケーションが、安心感や納得度につながります。
私たちはクライアントとともに考え、つくっていきたいと考えます。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は大阪・神戸・京都を中心に、日本全国で建築の設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。

ページトップへ戻る