akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

1.私たちの建築に対する考え方

私たち[近藤晃弘建築都市設計事務所]の役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し、自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン、「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

「シンプルでゆたかな建築」

「シンプル」とは「平凡」や「普通」ということではありません。シンプルさは時代の経過や流行の変化に色褪せない、力強さや不変さといったものを備えています。私たちのつくる建築も色褪せることなく、永く人々から愛される存在でありたいと思います。また、シンプルさはクライアントのライフスタイルの変化にも適応します。30代・40代・50代と歳を重ねるごとにライフスタイルも変化していきますが、時々の暮らしの背景となり、人生をより「ゆたか」にしてくれるでしょう。

「環境を考えた建築」

私たちのつくる建築は、地球環境に配慮しながらも、本当に居心地のよい温熱環境を目指しています。しっかりと断熱を行い、自然エネルギーを利用した、パッシブソーラーシステムを積極的に採用することで、より省エネルギーでランニングコストのかからない建築となります。冬の温かい日照はおおきな窓からたくさん取り込み、夏の暑い日差しは軒庇で遮ります。また、雨の日でも窓を開け、建物全体に風が抜けるように建物の配置や窓の位置を計画することで、エアコンに頼りきる必要のない、自然に寄り添った、本当に居心地のよい建築となります。

「生命を守る建築」

建築の本質である、人の生命を守ることは当然です。私たちは「稀に発生する(50年~100年に一度)震度5弱程度以下の中小地震に対しては、損傷しないこと。」、「極めて稀に発生する(500年に1度)大地震に対しては、ある程度の損傷を許容するが倒壊せず、生命と財産を守ること。」を耐震設計の理念とし、耐震等級2相当の壁量を確保することを基準としています。耐震等級2は建築基準法の耐力壁量と比べ、1.3~1.4倍程度の耐力壁量があります。詳しくは「地震と耐震等級」をご覧ください。もちろんご要望に応じて耐震等級2や耐震等級3を取得することも可能です。

2.住まいをお考えの方へ

「住まい手らしい家」

住まいはクライアントのライフスタイルや趣味、楽しみや夢を実現するものだと考えます。そのため、私たちはプランニングやデザインに、エゴイスティックなこだわりはありません。たくさんのご要望をお伺いし、それらをうまく生かしながらデザインすることでこそ「住まい手らしい家」となり、永く愛着が持て、暮らしを楽しむことができると考えるからです。使い勝手や家事動線についてもクライアントと十分にコミュニケーションをとって設計を進めます。

「素材へのこだわり」

一方で、素材にはこだわります。私たちのつくる住まいの大きな特徴は「素材の違い」と考えるからです。ハウスメーカーはクレームを避けるため、自然素材などのばらつきのある素材は基本的に使いません。反対に、私たちはハウスメーカーの定番材料であるタイル風のサイディングや木製風の玄関ドア、ウレタン塗装の合板フローリングや木目シート貼りの既製品建具は使いません。どんなにコストが限られていてもフローリングは無垢や引き板のオイル塗装とし、建具は木や塗装仕上げの制作建具としています。決して高級な素材を使うわけではないですが、そういうところに少しだけ贅沢することで、住まいの印象はがらっと変わり、美しく、落ち着きのある、おおらかな印象となります。

3.住まい以外の施設をお考えの方へ

「経済性というベースを確保」

建築にとって大切なのは、美しさや快適性、環境性だけではありません。そこに経済性というベースがきちんと築かれた上で、はじめて建築というものが成立すると考えています。事業施設の設計では、事業コンセプトやターゲットとするお客さま像を明確にし、どのように施設価値を高めていくかのブランディングを行いながら、デザインとサービスを同時に決めていくことが重要です。そのため、私たちは事業の計画段階からのトータルサポートを業務として行っています。

「保育園・クリニック・介護施設の必要性」

現代日本の問題として、少子高齢化があります。出生数が減り、一方で、平均寿命が延びて高齢者が増えているためです。2020年(平成32年)には高齢化率は29.1%、2035年(平成47年)には33.4%に達し、人口の3人に1人が高齢者になると推計されています。今、社会の受け皿としての建築が必要とされています。

そんな中、私たちは特に専門の知識が必要な保育所・クリニック・介護施設の設計にも力を入れています。保育所・医療・介護施設の設計はドクターやスタッフさんと十分にコミュニケーションを取り、使い勝手やサービス内容などを確認・検討しながらのプロセスとなります。きめ細やかな設計を心がけることで、スタッフさん、利用者さん共に喜んでいただける施設を実現させていただきます。

4.当事務所に依頼する7つのメリット

1 .「建築づくりの心配が解消されます」

私たちは建築を設計をするだけでなく、プロジェクトリーダーでもあります。複雑な法規を解決し、アイデアのあるプランを提案します。見積もりを査定し、間違いのない工事となるように監理します。プロジェクトの最初から最後までクライアントとともに立ち会い、ともに考え、つくっていきますので安心です。

2.「設計力・提案力」

クライアントが望まれている、本当の要望を引き出し、整理します。その上で、建築家としての手腕と経験により、クライアントの想像を超えた提案をすることができます。

3.「自由な計画」

私たちは独立した中立的な立場で設計をします。ですから、不動産会社やハウスメーカー、工務店の都合に合わせた設計をする必要はありません。クライアントにもっともふさわしい計画の規模、プラン、デザイン、構造や工法、仕上材料などを、何の制約もないところから提案することができます。

4.「コストの透明化」

設計事務所に依頼すると余分にたくさんお金がかかると思われがちですが、むしろ割安になり、費用も節約ができます。施工会社より詳細な見積書を提出してもらい、何にいくらお金を使っているかをわかるようにします。それらをひとつひとつ突き詰めていくことで、無駄を省き、必要な箇所に必要な予算をかけることのできる、コストパフォーマンスの高い建築とすることができます。

5.「工事監理」

工事が不適切に行われていないか、きちんと図面通りにつくられているかなどを確認します。また、第3者監理で行うような項目、たとえば配筋検査、コンクリートの強度確認、木軸の確認なども監理しますので安心です。

6.「アフターケア」

施工会社と連携し、引渡し後、6ヶ月・1年・2年・5年・10年の節目でご訪問させていただき、建物の無料点検を行います。建築、設備共不具合がないかを確認し、必要であれば補修の対応を施工会社と共に行います。お引渡し後の家具・カーテン・植栽・リフォームや増改築についても相談ください。末永くお付き合いさせていただきたいと考えています。

7.「資金計画・土地探しのサポート」

住宅ローンの専門家と連動し、資金計画のサポートを行っています。また、土地探しや土地購入の金額交渉や土地の重要事項説明書や契約書の確認についても行わせていただきます。詳しくは「資金計画のサポート」「土地探しのサポート」をご覧ください。

5.事務所概要

事務所名 : 一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所
事務所登録 : 一級建築士事務所 大阪府知事登録(イ)第24081号
建築士事務所賠償責任保険加入済み
業務内容 : 建築インテリアの企画・設計・監理業務
(住宅・集合住宅・病院・老人福祉施設・集会所・ホテル・旅館・事務所・倉庫
美術館・ギャラリー・スポーツ施設・飲食店・服飾店・店舗一般・その他)
リフォーム・マンションリノベーション・コンバージョン(改修・用途変更)
事業施設のコンサルティング・ブランディング業務
地域のまちづくり・復興支援業務
業務範囲 : 日本全国
所在地 : [大阪] 〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビルディング4F

[滋賀] 〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL : 06-6131-8905
FAX : 06-6131-8906
E-mail : info@ak-archi.com
URL : http://www.ak-archi.com

代表 : 近藤 晃弘(こんどう あきひろ)
資格 : 一級建築士大臣登録 第333615号
所属 : 「住まいの杜」http://sumai-no-mori.com/
設計事務所による自主運営のグループ

「建築家さがしの杜」http://sagashimori.com/
建築家自らがプロデュースする住まいづくり

「MOKスクール」http://www.mokosaka.jp/
国産材で建てる木造住宅を広めるグループ
略歴 :
1979年
京都府生まれ
鳥取県・滋賀県・広島県・大阪府で育つ
2003年
関西大学工学部建築学科 卒業
卒業設計賞 受賞
ヨーロッパの旅
2004年~
株式会社塚口明洋建築研究室 勤務
2011年~
近藤晃弘建築都市設計事務所 設立
2016年
ベスト・オブ・ハウズ賞 受賞立

6.事務所理念

「コミュニケーションと柔軟性」

素晴らしい建築はしっかりとしたコミュニケーションの上で成り立ちます。ヒアリングや対話を納得のいくまで行い、柔軟な発想や確かな知識を重ね合わせ、共通の理解を探しながらデザインしていきます。クライアントから職人さんまでプロジェクトに関わるすべての方々とコミュニケーションを繰り返し、プロジェクトを完成させていきます。

また、建築づくりはたくさんの関係を整理することです。常に原点に還りながらも、既知の知識や先入観にとらわれ過ぎることのないよう、新しい価値観を柔軟に取り入れ、変化や多様性を受け入れながらデザインをしていきます。

7.実績

設計事務所勤務時には100㎡程度の木造住宅から5000㎡超のS造、RC造の病院、デイケアセンター、有料老人ホーム、保育所等の医療福祉施設やオフィスビルなどの幅広い設計監理、企画運営の実績があります。また、構造設計や設備設計は豊富な経験を有する技術者パートナーとコラボレートしています。特に構造については、住宅などのちいさな建物でも構造設計者とともに構造検討しながら丁寧に計画していきます。

最近の計画実績の範囲としては、下記になりますが、日本全国対応可能です。

京都府 : 京都市中京区町家カフェ改修工事・下京区アトリエ新築工事・東山区町家カフェ改修工事・ 西京区住宅新築工事(桂坂)・北区医療施設新築工事(一部増築)・北区上賀茂ゲストハウス改築工事・ 亀岡市住宅新築工事
大阪府 : 大阪市中央区賃貸アパート改装工事・西区オフィス改修工事・西区住宅新築工事・浪速区店舗併用住宅新築工事・福島区住宅新築工事・吹田市住宅新築工事・吹田市店舗付き住宅新築工事・箕面市住宅新築工事・箕面市二世帯住宅新築工事・茨木市住宅新築工事・寝屋川市住宅新築工事・大東市住宅新築工事・大阪狭山市住宅新築工事・四条畷市住宅新築工事・和泉市住宅新築工事・大阪市都島区重層長屋新築工事
滋賀県 : 大津市住宅新築工事・大津市賃貸アパート+住宅新築工事・草津市住宅新築工事・栗東市住宅新築工事・湖南市二世帯住宅新築工事・水口市住宅新築工事・彦根市住宅新築工事・東近江市住宅新築工事
兵庫県 : 芦屋市住宅新築工事・神戸市賃貸クリニック併設マンション新築工事・宝塚市住宅新築工事・姫路市店舗併用住宅新築工事・相生市住宅新築工事・西宮市医療施設新築工事・揖斐郡太子町住宅新築工事
三重県 : 津市住宅新築工事
岐阜県 : 岐阜市住宅新築工事
愛知県 : 名古屋市東区住宅増築工事・名東区住宅新築工事・稲沢市住宅新築工事 ほか

philosophy

私たちの役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアントと設計者がコミュニケーションを重ねながらのプロセスです。
疑問があればおっしゃってください、ご理解いただけるよう説明させていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことですから。
ひとつひとつのプロセスが、「建てて良かった」というご自身の納得度につながります。
私たちは常に立ち合い、ともに考え、つくっていきたいと考えています。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は日本全国で建築・インテリアの企画・設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。設計前の土地探しから資金計画、お引き渡し後の家具の選定までトータルで建築をコーディネートしています。

ページトップへ戻る