akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

基礎補強工事/兵庫県三田市

DSC05039

三田の庫裏_光を取り込むリノベーションは解体工事が完了し、基礎の基礎補強工事へと進んでいきます。新たに壁を設置する箇所に基礎を設けたり、防湿と水平補強を兼ねて、土間スラブを打設していきます。

DSC05052

既存床下地を撤去し、土間コンクリートにて防湿対策させていただきました。湿気が気になるようでしたので、これである程度、大丈夫と思います。

DSC05048

こちらはもともとの玄関のようなスペースですが、土間コンクリートの上、床下地を組み、お部屋としていきます。今のところ、開けてビックリはなく、順調に進んでいます(笑)

タイル工事/大阪府吹田市

DSC04995のコピー

吹田の家_緑と中庭のリゾートハウスはダイニングキッチンのタイル貼りを進めていただいています。味のあるグレージュの石目タイルをご選定いただき、お施主さまっぽい空間になってきました笑

DSC04985

外壁タイルもブラック系のシックな石目タイルをご選定いただきました。こちらもお施主さまらしい、落ち着きながらも冒険心が溢れています。しっかりと仕上げていただけるよう、目と気を配りたいと思います。

竣工写真の撮影/大阪府箕面市

BA93DAF8-19EF-4767-AE4A-1DDA9B184A38_1_105_c

箕面の家_眺望のガレージハウスはお引き渡しから1年と3ヶ月ほどになりますが、先日ようやく、竣工写真の撮影を行わせていただくことができました。

お施主さまには、早朝から晩までご不便をおかけいたしましたこと、撮影のために何日も前からご準備いただいていたこと、ありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。

A478A93E-FBA9-4D3B-A716-E65428A30B2E_1_105_c

写真はスタッフがカメラマンさんの撮影タイミングでパシャリ、少し近藤で整えたものですが、本格的な竣工写真笑、凄すぎます、カメラマンさん&スタッフさん。

56D937A0-985C-40CD-B050-34FE804C64D8_1_105_c

夕景はさすがに素人では撮影できませんでしたが、来年早々にはカメラマンさんの写真が完成するようなので、楽しみにしながら年を越そうと思います。

解体工事/兵庫県三田市

LINE_ALBUM_三田の家_221104_44

三田の庫裏_光を取り込むリノベーションは解体を進めていただいています。立地条件から、手ばらしでの解体となりますので、少しずつ、ゆっくりと進んでいます。2階部分が解体された構造物は新鮮で、どこかアートのように見えます。

天井板貼り/大阪府吹田市

DSC04812のコピー

吹田の家_緑と中庭のリゾートハウスの天井の板貼りが完了しました。照明との取り合いや、カーテンボックスの取り合い、外部の庇との繋がり等、考えさせていただきました。天井の板貼りが終わりますと大工さん工事は完了し、いよいよ仕上げ工事に入っていきます。

ダイニングキッチンの床やリビング壁、外壁にもタイルを使用させていただき、素材感ゆたかなお住まいに仕上がっていきます。

配筋検査/兵庫県芦屋市

DSC04969のコピー

芦屋の家_内と外が繋がるラグジュアリーコートハウスの配筋検査を行わさせていただきました。基礎立ち上がりのレベルや土台高さも数種類あり、複雑ですので、しっかりと確認させていただきました。

これからベース部分、立ち上がり部分とコンクリートの打設を行い、無事、上棟を迎えることができるよう頑張らさせていただきます。

階段の空間/大阪府吹田市

DSC04778のコピー

吹田の家_緑と中庭のリゾートハウスの階段のある空間が美しいです。陰影と光の中、緑や空を見上げながら、階段を2階へと登ることができる。そんなイメージでデザインさせていただきました。これから天井の板貼り、床のタイル貼り、クロス貼りへと進んでいきます。

サッシ工事が進んでいます/大阪市生野区

DSC04615のコピー

生野区の家_伝統のあるラグジュアリーコートハウスはサッシ工事を進めていただいています。1階の中庭に面しました窓は、大きな連窓サッシとさせていただいています。ダイニングキッチンは2600mmの天井高さとし、リビングは3450mmの天井高さとする開放的な空間としています。

DSC04625のコピー

防火地域ではありますが、延焼ラインを外すことで、透明な大きなガラスを使用し、開放的な空間とすることができています。

中庭から見上げますと、2階のバルコニー、3階のお部屋の外観を見ることができます。中庭を中心に立体的に空間を構成とすることで、中庭からは光が入り、気持ち良い空間となります。

DSC04637のコピー

3階のお部屋のサッシも取り付いています。3階は特に明るく、開放的な空間となります。これから断熱材を充填等を行い、しっかりと工事を進めていただきます。

外構とライトアップの確認/兵庫県宝塚市

DSC04560のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは外構廻りの確認とライトアップの確認にお伺いさせていただきました。完成しました前面道路側のファサードは、大理石調のグレージュのタイル貼りとコンクリート打ち放し、木目調のシャッターを組み合せました、存在感のあるゲートを構えます。イメージ通りに仕上がるよう、タイルやシャッターの素材確認、細かな納まり等、工夫させていただきました。

DSC04561のコピー

庇のあるゲートは雨の日でも安心です。水平と垂直の構成で、デザインさせていただきました。タイル貼りのゲートとコンクリート打ち放しの庇のバランスが良いです。前面道路の厳しい勾配もなんとか納めることができました。

DSC04567のコピー

ゲートに入りますと、フェニックスやココスヤシ、ユッカ等南国系を中心に、地被植物は少なめにし、小さなホワイト系の化粧砂利で仕上げさせていただきました。樹種の選定から、レイアウトや木の向きなど、現地にて確認させていただきながら指示させていただきました。シンプルですがお気に入りの植物たちです。はやく、おおきくなあれ!

DSC04585のコピー

夕方、エントランスに入りますと、プールや坪庭がライトアップにより、日中とはまた違った空間に変容します。、プールが照明となり、中庭を艶やかに照らしたり、坪庭の植物が美しく照らされます。

DSC04581のコピー

リビングの間接照明もバランスよく壁面を照らします。光に照らされた木板やタイルは、より素材が引き立てられます。

DSC04580のコピー

リビングから中庭を眺めますと、美しくプールが光っています。インフィニティプールとすることで、水面が浮いたように見えます。薄暮の空も青みがまだ残り良い雰囲気です。

DSC04576のコピー

キッチンからリビングを見返します。キッチンは天井高さ2400mmで、落ち着いた空間になります。

DSC04595のコピー

浴室から中庭を見ます。浴室からもプールや中庭の眺めを楽しむことができます。

外構やライトアップの確認をさせていただき、無事、全ての工事を完了いただくことができました。全ての工事が終わり、ようやく少しほっとすることができました。来年の春か初夏には竣工写真の撮影をお願いしています。次にお伺いできるのはその時になるのかどうか分かりませんが、とても楽しみにさせていただきます。いつもお心遣いいただきありがとうございました。

階段が取り付きました/大阪市生野区

DSC04447のコピー

生野区の家_伝統のあるラグジュアリーコートハウスにスチール階段が取り付きました。1階から2階への階段は90度に折れる階段で、120mm厚のオークの踏み板が取り付く、重厚感のある階段となります。

DSC04445のコピー

1階から3階までの吹抜空間に階段が取り付きますので、見上げますと、かなり高いです。スチールの踏み板が規則正しく並び、美しいです。手摺にも木を取り付け、柔らかい印象としています。仕上がりが楽しみです。

about us

私たちは、デザインで日常をよりゆたかにすることをコンセプトに建築を手掛けています。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、日常を楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアント・設計者・施工者がコミュニケーションを重ねながら進めていきます。
ご要望やご質問がありましたら、おっしゃってください。誠心誠意お答えさせていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことと考えます。
ひとつひとつのコミュニケーションが、安心感や納得度につながります。
私たちはクライアントとともに考え、つくっていきたいと考えます。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は大阪・神戸・京都を中心に、日本全国で建築の設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。

ページトップへ戻る