%e8%80%90%e9%9c%87%e7%ad%89%e7%b4%9a3_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3_%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6

耐震等級3の構造検討をしています。耐震等級3とは分かりやすく言うと、建築基準法の1.5倍の耐力を持たせた強度の等級で(耐震等級2が建築基準法の耐力の1.25倍)、建築基準法の1.5倍の壁量があることになります。その壁をバランス良く配置していくことが基本です。

また、建築基準法の4号特例では問われない、水平構面の検討も必要となります。そのため、スキップフロアやおおきな吹抜が設けにくくなります。不可能ではありませんが、いろいろと制約がでてきてしまいます。

トライ&エラーを繰り返しながら、検討を重ねています。

2016.11.09/Blog