akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

ゲート廻りの工事/兵庫県宝塚市

DSC03943

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは外構工事を進めていただいています。ゲート廻りの工事が進み、形になってきています。ゲートには庇があり、タイルとコンクリート打ち放しを組み合せたデザインとなります。レベル関係を細かく検討し、階段やシャッター納まりなど、デザインさせていただきました。

DSC03946

アプローチや駐車場内は乱形石の石貼りとなります。ライトグレーの乱形石とホワイト系の砕石と南国系植物のあるアプローチ空間となります。徐々に外構も進んできて、楽しいです。

お引き渡し/兵庫県宝塚市

DSC03031のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスはまずは、建物のみのお引き渡しをさせていただきました。外構工事は引き続き進めさせていただきますが、まずは、建物のお引き渡しができ、少しだけほっといたしました。建物の方も残工事がありますので、気を引き締めて進めさせていただきます。

DSC03437のコピー

建物内部のお写真も撮影させていただきましたので、設計時や施工時のお話しともにご紹介させていただきます。

まずは、エントランスに入りますと、プールのある中庭と、アールの階段、坪庭が目に飛び込んできます。お住まいに入った時のインパクトはとても大切に考えていますので、大きなガラス面や素材の繋がり、アクセントのタイル面など工夫しながら考えさせていただきました。設計時には、お施主さまから一部壁を無くされたいというお話があり、少し迷い、考えましたが、やはり無い方が空間が広がり、良かったです。

DSC03401のコピー

アールの階段は設計上、施工上、とても工夫しながら考えさせていただきました。大きな階段ですので、階段の構造は2階の床まで達して考えさせていただいたり、ロートアイアンのイメージで丸鋼を使用させていただいたり、デザインもいくつかの円が組み合わさった平面でしたので、スチールの製作も難儀したりと、色々な問題を解決しながら進めさせていただきました。

階段踏板のウォルナットの無垢接ぎ板を大工さんの手加工で、2人で丸二日ほどかけ、取り付けていただき、納まったのを見た時には思わず声が上がりました。優雅な階段になったと思います。

DSC03422のコピー

リビングに入りますと、吹抜の開放感が気持ちよく、ブリッジがかかることで、より見映えのする空間となりました。2層吹抜ではありますが、天井高さを高くしすぎないように考えたり、ブリッジのプロポーションを考えたりと、空間が大きいだけに、身体に馴染むスケール感となるような寸法で構成させていただきました。この辺りは本当に比較ができないところですが、とても大切に考えていまして、より居心地の良い空間になったと自負しています。

DSC03420のコピー

中庭のある家(コートハウス)として、プライバシーを確保しながらも、光を取り込みます。夏場は日照をできるだけ室内に入れない計画とさせていただいており、冬場は吹抜を介して日照を取り込めるよう計画させていただきました。また、冬にもお伺いさせていただき、どのように日照がはいってくるのか見せていただきたく思います。吹抜上の窓から見えます空が気持ち良いです。

DSC03384のコピー

プールと反対面の壁は、暖炉のある空間です。石やタイル、木を間接照明とともに計画させていただきラグジュアリーに仕上げさせていただきました。特に木に照明が当たるのが好きで、大きな板貼りの壁を中心に空間を構成させていただきました。当初のイメージからほぼ変わっていない空間で、ようやく目に見ることができました。

DSC03418のコピー

お引き渡しの日は、お施主さまよりお弁当をいただきました。最高の空間に、真新しいダイニングテーブル、頑張ってくれるスタッフと、ゆっくりとした時間をお引き渡し前に過ごすことができました。最高のおもてなしに、本当にもう、感謝しかありません。

DSC03379のコピー

キッチンからリビングダイニングを見ています。キッチンのカウンターはデクトンのホワイトマーブルの大理石調です。私としても憧れのカウンターでとてもお気に入りで、お住まいのイメージともバッチリです。お弁当をいただいた後、次回は奥様の手料理で、とご主人よりお話しいただいたことにも感無量でした笑。このキッチンでお料理していただき、この空間で召し上がる、もう美味しいこと間違いないです。

DSC03312のコピー

リビングにいますと自然とプールが目に入ってきます。プールハウスならではの距離感でプールを楽しめ、夜の雰囲気も内部の照明を少し落とし、テラスやプールの照明を付けていただくと、日中の印象とはガラリと変わり、素敵なライトアップのある空間になります。

DSC03390のコピー

ゲストルームは天井高さの確保できる空間でしたので、切妻天井とさせていただきました。落ち着いたゲストルームのイメージでしたので、板貼りに間接聡明のみとさせていただきました。扉は和紙に漆を塗ったもので、独特の風合いがあります。この扉はお施主さまのイメージもありましたが、私のわがままを通させていただいた空間かも知れません。

DSC03387のコピー

ゲストルームからは太鼓張りの障子を開けますと、坪庭のモミジやシマトネリコを楽しむことができます。11月頃でしょうか、モミジがうまく紅葉してくれることを祈るばかりです。

DSC03365のコピー

洗面空間はお施主さまが、私が見たこともない素敵な洗面ボウルを見つけていただき、それにインスピレーションを受けた形でデザインさせていただきました。ホワイトの大判タイルのカウンターにゴールドの洗面ボウルを合わせ、下部に引き出し家具を仕込みました。リゾートホテルとは違い、お住まいですので、日々の用品やストックされるものもあり、収納もたくさん必要ですので、デザインと使い勝手と合わせてご提案させていただきました。温かみのある空間で、とても素敵に仕上がったと思います。

DSC03375のコピー

浴室にはサウナあり、ジャグジーあり、プールあり、楽しい空間です。サウナで熱々の身体を氷の入った水風呂で冷やす。それを何度も繰り返し、最後は湯船につかられ、整うそうです。冬場に冷たいプールに飛び込むこともできるそうですが、私には想像できない世界です。でも、めちゃめちゃ興味あります。

DSC03411のコピー

吹抜ブリッジから見下ろす町並みとリビングは楽しく、優雅な時間をつくり出してくれそうです。移動中も飽きがこないですし、リビングからは誰がどこにいるか分かりやすい、回遊動線となっています。

DSC03396のコピー

バルコニーから中庭を見ますと、ブルーのモザイクタイルを貼ったプールが目に飛び込みます。バルコニーからダイブしてプールにどぼんっ、と行ってしまいたくなりそうですが、それはちょっと冒険し過ぎです笑。

お施主さまより、冬にプールを暖めた時に、黙々と湯煙がたち、それがとても幻想的だというお話を伺いました。どこまで実現できるか分かりませんが、そのようになってくれたら良いなあと思っています。

DSC03303のコピー

衣装室はとてもサプライズな空間です。ライトグレーの磨きタイルに木の衣装棚、ギャラリーケースを計画させていただきました。アート等も飾っていただけるフレキシブルな空間で、お住まいいただき、どのような空間になっていくのか、とても楽しみな空間です。

DSC03355のコピー

衣装室のレイアウトにはセンスが問われそうですが、以前、奥様よりいただきました、コンセプトレイアウトスケッチのように、素敵に仕上げていただければと思います。お時間をかけていただき、好きなもので溢れた唯一の空間にしていただけますと幸いです。

DSC03361のコピー

和モダンスイートとお名前をいただきましたお部屋は、畳と障子のある空間です。ウォルナットのフローリングに明るいグレーの畳に白い壁を合わせ、障子も太鼓張りとすることでより、和モダンを意識させていただきました。柔らかく空間を仕切ります縦格子はディテールを細めにし、バランスを見ながらデザインさせていただきました。モックアップをつくり確認しましたので、その成果が見事に出ています。絶妙な間隔で見え隠れる縦格子となりました。

DSC03357のコピー

和モダンスイートの天井は、折り上げ天井とし間接照明を設け、天井色を艶のある銀色とすることで空間にメリハリを付けさせていただきました。間接照明中心にゆっくりと休める空間になったのではないかと思います。お施主さまからも、落ち着く空間とおっしゃっていただけ、本当に嬉しく思いました。

IMG_20220827_232518_153

お施主さまとは、はじめてお会いさせていただいてから、ちょうど2年になります。設計から見積もり、着工までで1年と3ヶ月、着工から今で9ヶ月と、たくさんのお時間をいただいたことに感謝と共に、申し訳なさも感じています。途中、コロナの影響で思うように見積もり等を進められないこともありました。ウッドショックで木材の値段が上がるという想定外のこともありました。工事も思うように進めされないこともありました。

お施主さまより、この建物は、サグラダファミリアやから終わらへんよ、とお言葉をいただいた時、ああ、そのサグラダファミリアも外構工事が完了してしまうと、本当に完成し、お伺いさせていただくことも少なくなってしまうと思うと、完成の嬉しさもありますが、寂しさも同時に感じています。本当に家づくりという貴重なお時間を共有させていただきありがとうございました。

もう少し工事は続きますが、頑張らさせて下さい。

 

外観が見えてきました/兵庫県宝塚市

DSC03031

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは外観が見えてきました。アプローチからは伸びのあるファサードとなっています。白い塗装の外壁にグレーの磨きタイル、庇のブラックで構成させていただきました。

DSC03023のコピー

中庭廻りの外観も見えてきました。タイル貼りの中庭が仕上がってきますとより完成に近づいてきます。中庭のタイルは内部なタイルと同じもので、内外が繋がってくるようなイメージで考えさせていただきました。プールの内のタイルはブルー系のモザイクタイルを貼らせていただきました。

DSC03264のコピー

夕方の中庭は室内の灯りやスポットライトで照らされます。プールの照明はまだついていませんが、内部を暗めに設定し、中庭を明るくしますと、とても素敵なライトアップを楽しむことができます。

DSC03267のコピー

中庭からリビングや水廻りが見えます。中庭のある家、コートハウスの面白いところは室内から中庭を通してまた室内が見えたり、中庭から色々な部屋が見えることなのです。想像以上に複雑な見え方で、常に新しい発見があります。

明かりが灯りました/兵庫県宝塚市

DSC03191のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは照明が灯りまして、よりが完成に近づいてきました。リビングは吹抜のダウンライトに加えて、板貼りやタイル貼りを照らします間接照明を計画させていただきました。素材に光が当たりますと、より素敵に見えます。

DSC03199のコピー

キッチンは天井高さを抑えていますので、少し落ち着いた居場所になっています。ここからはリビングやダイニング、中庭のプールの様子など見ていただくことができます。一日中ここにいても飽きがこない空間です。

DSC03177のコピー

和モダンスイートとお名前をいただきましたお部屋は、畳と障子のある空間です。ウォルナットのフローリングに明るいグレーの畳に白い壁を合わせ、障子も太鼓張りとすることでより、和モダンを意識させていただきました。柔らかく空間を仕切ります縦格子も入るのですが、ディテールを細めにし、バランスを見ながらデザインさせていただきました。折り上げ天井とし間接照明を設け、天井色を艶のある銀色とすることで空間にメリハリを付けさせていただきました。

DSC03173のコピー

衣装室はとてもサプライズな空間です。ライトグレーの磨きタイルに木の衣装棚、ギャラリーケースが納まります。アート等も飾っていただけるフレキシブルな空間で、お住まいいただき、どのような空間になっていくのかとても楽しみな空間です。

これから、美装工事や家具工事、外構工事と進んでいきます。工事の遅れもありますが、しっかりと進めていただけるよう頑張らさせていただきます。

キッチン工事とプール工事/兵庫県宝塚市

石貼り

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスのリビングでは石・タイル工事を進めていただいたり、キッチンの据え付け工事を進めていただいたりと、着々と工事が進んでいます。

DSC02937のコピー

キッチンからは心地良いインテリアと、プールのある中庭を感じることができます。プライバシーの守られた中庭ですが、吹き抜けを介して日照も得ることができています。

DSC02947のコピー

キッチンはホワイトの大理石マーブルのカウンターで、お施主さまも私もお気に入りです。面材はシンプルにグレーで落ち着いた上品なキッチンになります。ポーゲンポールというお施主さまにとって、あこがれのキッチンですので、私もとても楽しみです。

ゲストルームのコピー

和室は天井のホワイトアッシュの羽目板貼りを進めていただいています。比較的明るい空間の中に、黒系の和紙を貼った扉をアクセントに考えさせていただいています。どのような空間に仕上がるのか楽しみです。

DSC02940のコピー

プールのタイル工事も進めていただいています。今回は日の当たらない時間帯もブルーに見えるように、ブルー系のタイルにて施工いただいています。こちらも今までにない組み合わせですので仕上がりが楽しみです。タイル工事が終わりましたら水を張って試験をしていきます。

足場が取れました/兵庫県宝塚市

DSC02664のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは足場が解体され、外観が現れました。青空に白い外観が映えます。中庭では目隠しの壁をつくっているところです。高さがありますが、吹抜けを介してLDKにはしっかりと日照を入れることができます。

DSC02637のコピー

道路側から見ても擁壁の上に建ちますので、とても見映えがします。高台に建つことも意識して外観等検討させていただきました。

DSC02646のコピー

内部ではクロス貼りが進んでいます。和モダンルームではホワイトの壁にアクセントとしてグレーの少し光沢のあるクロス、畳も柔らかなグレーですので、よりモダンな印象に仕上がってきます。

仕上げ工事進行中/兵庫県宝塚市

DSC02485のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは仕上げ工事に入りました。内部の塗装やクロスの下地処理を進めていただいています。室内でも外壁と同じ塗装とすることで、室外感が感じられます。

DSC02483のコピー

リビング廻りも床のタイル貼りが完了し、クロス貼り、壁の石タイル貼りを進めていきます。仕上げが進んでいきますと、いよいよお引き渡しが見えてきます。

浴室のタイル貼り工事/兵庫県宝塚市

DSC02445のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは浴室廻りのタイル貼り工事を進めていただいています。洗面から浴室に繋がる空間は一体となるように、同素材で仕上げ、テンパーガラスで間仕切ります。

DSC02444のコピー

サウナとジャグジーのある浴室は日中も光が入り、気持ちが良いです。また、ベージュのタイルが明るく、暖かみがあり、リラックスしていただけます。サウナから、そのままプールに飛び込める動線でもあります。

DSC02451のコピー

リビングからも扉を開けますと洗面空間が見えますので、一体としてホテルライクな使い方もできそうです。

DSC02452のコピー

大工さん工事も概ね完了し、タイル工事やクロス工事に入っていきます。ただ、こんな時に限って、クロスの接着剤不足が出てきたようです。コロナ以降、ありとあらゆるものの不足と値上げ、本当に頭が痛いです。。

DSC02454のコピー

2階のテラスからは中庭やお住まいが一望でき、眺望も見渡すことができます。中庭の夜景と街の夜景もあいまって、良い雰囲気となりそうです。

素材の検討/兵庫県宝塚市

素材イメージ2

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは仕上げ工事に入ります。最終の色と素材のイメージをまとめて、再三確認させていただいています。仕上げの生み合わせは何度も検討し、イメージしながら、検討させていただいています。

素材イメージ1

仕上げ工事に入りました/兵庫県宝塚市

DSC02259のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは浴室の下地工事が進んでいます。ここから防水を行い、その上でタイルを貼っていき、仕上げていきます。浴室内にはサウナもしっかりと納まり、整いつつあります。

DSC02258のコピー

お風呂からの眺めは素晴らしく、中庭やプールを眺めることができます。サウナからそのままプールへと飛び込むこともできそうです。

DSC02263のコピー

リビング廻りの板貼りも徐々に進めていただいています。大工さんの工事の中でも仕上げに出てきます板貼り工事は、特に腕の見せ所です。

DSC02318のコピー

カーテンボックス廻りは納まりの複雑なところですが、打ち合わせとおり奇麗に納めて下さっています。こちらには電動のウッドブラインドが納まります。あらかじめ、取り付けますスクリーンに合わせてボックスサイズを決めさせていただいています。

DSC02249のコピー

建物の角度が異なる部分の板の納まりも、板の目を合わせて納めていただきました。スッキリとし、繋がりが出ています。中庭までの繋がりが気持ち良いです。

DSC02270のコピー

外壁の塗装、タイル貼りも進めていただいています。上品な色合いのタイルが美しいです。建物にぐっと雰囲気が出てきます。外構廻りも盛りだくさんなので、検討しながら進めていきたいと思います。

1 / 41234

about us

私たちは、デザインで日常をよりゆたかにすることをコンセプトに建築を手掛けています。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、日常を楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアント・設計者・施工者がコミュニケーションを重ねながら進めていきます。
ご要望やご質問がありましたら、おっしゃってください。誠心誠意お答えさせていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことと考えます。
ひとつひとつのコミュニケーションが、安心感や納得度につながります。
私たちはクライアントとともに考え、つくっていきたいと考えます。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は大阪・神戸・京都を中心に、日本全国で建築の設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。

ページトップへ戻る