akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

外構工事に入りました/大阪府吹田市

DSC02559のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは足場が落ち、中庭の外構の工事が始まっています。梅雨入りしてしまい、小雨の中、作業いただいていますが、まずは、水盤の下地や中庭テラスの下地を作成いただいています。

DSC02554のコピー

キッチンから中庭や水盤を眺める写真のアングルです。タイル貼りのテラスと水盤、そこに照明が光る。素敵な光景となりそうです。

2022.07.06/Blog

大工さん工事進行中/大阪府吹田市

D62E6B25-4CAD-4416-A553-510889AFD16B_1_105_c

吹田の家_光庭のあるホテルライクハウスは大工さん工事を進めていただいています。細かな打ち合わせを重ねながら壁下地や天井下地、ボックス納まりなど製作いただいています。

DSC02526のコピー

吹き抜け廻りのブラインドボックス等の細かな納まりも完了しています。奇麗に下地をつくっていただいていますので、仕上げ工事も問題なく進めていただけそうです。

DSC02530のコピー

光庭のイメージもできてきました。想像よりたくさん光が入り、かなり明るい空間となりそうです。こちらに和のお庭をつくっていただく予定です。

DSC02531のコピー

エントランスから光庭を通して、ダイニングキッチンを見ることができ、さらにその向こうのお庭も眺めることができます。面白い関係となっています。中庭のお住まいは思いもよらない視線の抜けがあり、飽きのこないデザインや空間の関係性となるのが魅力です。

2022.07.02/Blog

仕上げ工事進行中/兵庫県宝塚市

DSC02485のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは仕上げ工事に入りました。内部の塗装やクロスの下地処理を進めていただいています。室内でも外壁と同じ塗装とすることで、室外感が感じられます。

DSC02483のコピー

リビング廻りも床のタイル貼りが完了し、クロス貼り、壁の石タイル貼りを進めていきます。仕上げが進んでいきますと、いよいよお引き渡しが見えてきます。

2022.06.29/Blog

仕上げ工事に入りました/大阪府吹田市

DSC02422のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは仕上げ工事に入っています。クロスのパテ処理が完了し、これからクロスを貼っていきます。空間の形状が見え、よりイメージに近づいてきました。

DSC02425

キッチンの設置も完了し、あとはクロスとタイル貼りになります。タイルは最近のコロナの影響、戦争の影響、円安の影響、原油高の影響があいまって、入ってきづらい状況です。一部はお引き渡し後となってしまいそうです。

DSC02439のコピー

子供室のクロスも貼り始めています。ビビットなカラーを使用しました、明るいインテリアとなります。

DSC02440のコピー

リビングから見えます外壁のレンガタイルも貼り始めていただいています。タイル割も検討しうまく納まると思います。リビングから外壁のレンガタイルが見えるのはこだわりで、エクステリアをインテリアに取り込む手法です。

DSC02441のコピー

中庭のタイルや外壁の塗装関係が終わりますと、足場を撤去し、外構工事に進んでいきます。中庭に水盤をつくったり、テラスをつくったりと、より見応えのある空間になっていきます。

2022.06.26/Blog

ユニットバスの設置/大阪府吹田市

DSC02464のコピー

吹田の家_光庭のあるホテルライクハウスはユニットバスの設置を進めていただきました。光庭を楽しむことのできる水廻り空間です。ここに和のお庭をご検討いただいています。

DSC02469のコピー

内部では大工さん工事が進められ、徐々に空間のイメージがついてきました。吹き抜けのある、階段越しの窓が気持ち良く、開放的で明るい空間です。LDKの床はタイル貼りなので、大工さん工事は壁、天井となり、特に天井の板貼りは楽しみです。

2022.06.23/Blog

外壁の施工/大阪府吹田市

DSC02297

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは外壁の施工を進めていただいています。CBウォールという屋根材としても使用されるカラーベストと、サイディングに塗装、レンガタイルの3種類で構成させていただきました。

DSC02298

中庭も同様に、CBウォールとサイディングに塗装、レンガタイルの3種類で構成させていただきました。中庭形式ですので、建物から住まいの外観が見える、という楽しみがあります。

DSC02301

外壁同士の納まりも見切りを入れたり、割を調整したりと、考えさせていただきました。外壁が仕上がってきましたら、外構工事にも入っていきます。

2022.06.20/Blog

浴室のタイル貼り工事/兵庫県宝塚市

DSC02445のコピー

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは浴室廻りのタイル貼り工事を進めていただいています。洗面から浴室に繋がる空間は一体となるように、同素材で仕上げ、テンパーガラスで間仕切ります。

DSC02444のコピー

サウナとジャグジーのある浴室は日中も光が入り、気持ちが良いです。また、ベージュのタイルが明るく、暖かみがあり、リラックスしていただけます。サウナから、そのままプールに飛び込める動線でもあります。

DSC02451のコピー

リビングからも扉を開けますと洗面空間が見えますので、一体としてホテルライクな使い方もできそうです。

DSC02452のコピー

大工さん工事も概ね完了し、タイル工事やクロス工事に入っていきます。ただ、こんな時に限って、クロスの接着剤不足が出てきたようです。コロナ以降、ありとあらゆるものの不足と値上げ、本当に頭が痛いです。。

DSC02454のコピー

2階のテラスからは中庭やお住まいが一望でき、眺望も見渡すことができます。中庭の夜景と街の夜景もあいまって、良い雰囲気となりそうです。

2022.06.17/Blog

大工さん工事が完了しました/大阪府吹田市

DSC02395

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは大工さん工事が完了し、内部はがらんとしています。リビングの足場が解体され、大きな空間を感じることができました。天井高さは4500mmになり、開放的な空間です。

DSC02393

ライブラリーの現し梁もデザインとして生きてきました。厳しい北側斜線を逃れる事から出てきたデザインですが、帰って空間の面白さに繋がっているように感じます。

DSC02390

子供室のデスク、本棚廻りもしっかりと納まっています。明るく、気持ちの良い子供室となりそうです。これから仕上げ工事に入ります。色々な色味のクロスを使用し、個性的な空間となりますので、楽しみです。

2022.06.14/Blog

外壁の施工/大阪府吹田市

DSC02363

吹田の家_光庭のあるホテルライクハウスは外壁の施工を行っていただいています。外壁は窯業系サイディングはホワイトの塗装品と無塗装品にブラック色で塗装する2種類をご使用させていただきます。

DSC02338

上部のブラック色に塗装します無塗装のサイディングは少し段をつけ納めていただき、外観にメリハリを付けています。手間はかかりますが、外観の見映えが変わってきますので、工夫して考えさせていただきました。

DSC02342

内部では、天井下地工事が進んでいます。キッチンのバックに光庭があり、明るいです。気持ちの良いキッチン空間となりそうで楽しみです。

2022.06.10/Blog

素材の検討/兵庫県宝塚市

素材イメージ2

宝塚の家_吹抜ブリッジのあるリゾートプールハウスは仕上げ工事に入ります。最終の色と素材のイメージをまとめて、再三確認させていただいています。仕上げの生み合わせは何度も検討し、イメージしながら、検討させていただいています。

素材イメージ1

2022.06.07/Blog

about us

私たちは、デザインで日常をよりゆたかにすることをコンセプトに建築を手掛けています。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、日常を楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアント・設計者・施工者がコミュニケーションを重ねながら進めていきます。
ご要望やご質問がありましたら、おっしゃってください。誠心誠意お答えさせていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことと考えます。
ひとつひとつのコミュニケーションが、安心感や納得度につながります。
私たちはクライアントとともに考え、つくっていきたいと考えます。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は大阪・神戸・京都を中心に、日本全国で建築の設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。

ページトップへ戻る