akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

外構工事に入りました/大阪府吹田市

DSC02559のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは足場が落ち、中庭の外構の工事が始まっています。梅雨入りしてしまい、小雨の中、作業いただいていますが、まずは、水盤の下地や中庭テラスの下地を作成いただいています。

DSC02554のコピー

キッチンから中庭や水盤を眺める写真のアングルです。タイル貼りのテラスと水盤、そこに照明が光る。素敵な光景となりそうです。

仕上げ工事に入りました/大阪府吹田市

DSC02422のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは仕上げ工事に入っています。クロスのパテ処理が完了し、これからクロスを貼っていきます。空間の形状が見え、よりイメージに近づいてきました。

DSC02425

キッチンの設置も完了し、あとはクロスとタイル貼りになります。タイルは最近のコロナの影響、戦争の影響、円安の影響、原油高の影響があいまって、入ってきづらい状況です。一部はお引き渡し後となってしまいそうです。

DSC02439のコピー

子供室のクロスも貼り始めています。ビビットなカラーを使用しました、明るいインテリアとなります。

DSC02440のコピー

リビングから見えます外壁のレンガタイルも貼り始めていただいています。タイル割も検討しうまく納まると思います。リビングから外壁のレンガタイルが見えるのはこだわりで、エクステリアをインテリアに取り込む手法です。

DSC02441のコピー

中庭のタイルや外壁の塗装関係が終わりますと、足場を撤去し、外構工事に進んでいきます。中庭に水盤をつくったり、テラスをつくったりと、より見応えのある空間になっていきます。

外壁の施工/大阪府吹田市

DSC02297

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは外壁の施工を進めていただいています。CBウォールという屋根材としても使用されるカラーベストと、サイディングに塗装、レンガタイルの3種類で構成させていただきました。

DSC02298

中庭も同様に、CBウォールとサイディングに塗装、レンガタイルの3種類で構成させていただきました。中庭形式ですので、建物から住まいの外観が見える、という楽しみがあります。

DSC02301

外壁同士の納まりも見切りを入れたり、割を調整したりと、考えさせていただきました。外壁が仕上がってきましたら、外構工事にも入っていきます。

大工さん工事が完了しました/大阪府吹田市

DSC02395

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは大工さん工事が完了し、内部はがらんとしています。リビングの足場が解体され、大きな空間を感じることができました。天井高さは4500mmになり、開放的な空間です。

DSC02393

ライブラリーの現し梁もデザインとして生きてきました。厳しい北側斜線を逃れる事から出てきたデザインですが、帰って空間の面白さに繋がっているように感じます。

DSC02390

子供室のデスク、本棚廻りもしっかりと納まっています。明るく、気持ちの良い子供室となりそうです。これから仕上げ工事に入ります。色々な色味のクロスを使用し、個性的な空間となりますので、楽しみです。

天井の板貼り工事/大阪府吹田市

DSC02239のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは階段に手摺が取り付きました。懐かしい図書館のような?丸鋼の手摺とし、ダークグレーで塗装させていただく予定です。

DSC02234のコピー

天井の板貼りがスタートしました。図面上で、おかしな割がないように検討し、スタート位置を決めて計画させていただくのですが、バッチリ納まりそうで良かったです。

DSC02242のコピー

中庭廻りのイメージも見えてきました。これから外壁の工事にも入っていきます。レンガタイルや塗装、CBウォールの組み合わせの外観は、かなり組み合わせを悩みながら計画させていただきました。どのように仕上がっていくか、楽しみです。

フローリング貼り工事/大阪府吹田市

DSC02004のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスはフローリング貼りがほぼほぼ完了しています。今回、オークを柔らかくグレーに着色しましたフローリングでホワイトの壁との相性を考えさせていただきました。どのような空間に仕上がっていくのか楽しみです。

DSC02003のコピー

ダウンリビングや吹き抜け、スキップフロアのある、開放的かつ印象的な空間になっています。徐々に完成に近づいていきます。

サッシの取付/大阪府吹田市

DSC01940のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスはサッシの取り付けを完了しました。この日は南側からの日照が奇麗で、とても暖かい一日でした。

美しい光の入る窓、外の庭や風景と繋がる窓、近藤晃弘建築都市設計事務所では特に窓廻りのデザインにこだわっています。窓辺のデザインは建築における、おおきな見せ場です。

中間検査に無事合格しました/大阪府吹田市

DSC01879のコピー

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは中間検査に無事合格しました。スキップフロアや吹き抜けのある空間構成で、難しい部分もありましたが、構造設計さん、プレカット屋さんとともにうまく進めさせていただくことができました。

大工さんとプレカット屋さんで協議いただき、筋交いや金物、火打梁など問題なく納めることができました。中間検査も合格できましたので、サッシ工事や天井下地に入っていきます。

上棟式を執り行わさせていただきました/大阪府吹田市

DSC01852

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスは上棟式を執り行わさせていただきました。スキップフロアにあります、ライブラリーを中心としたお住まいです。中庭や水盤もある、リゾート空間にもなります。

DSC01868

祝、上棟。気を引き締めて、頑張っていきます。おめでとうございます!

DSC01845

上棟の状態でも分かるくらい、光が美しく、良いスケール感で、居心地が良いです。これからサッシが取り付いたり、下地をつくっていきますが、より引き締まって、良いお住まいとなってくれると思います。

配筋の確認/大阪府吹田市

DSC01714

吹田の家_水盤のあるライブラリーコートハウスの配筋の確認に伺いました。1mほどの高基礎になる高低差のある土地というのと、1階のLDKは段差を設けていますので、割と複雑な基礎形状となりました。構造設計図をもとに、ひとつひとつ確認させていただくことができました。

1 / 212

about us

私たちは、デザインで日常をよりゆたかにすることをコンセプトに建築を手掛けています。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、日常を楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアント・設計者・施工者がコミュニケーションを重ねながら進めていきます。
ご要望やご質問がありましたら、おっしゃってください。誠心誠意お答えさせていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことと考えます。
ひとつひとつのコミュニケーションが、安心感や納得度につながります。
私たちはクライアントとともに考え、つくっていきたいと考えます。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は大阪・神戸・京都を中心に、日本全国で建築の設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。

ページトップへ戻る