akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

素材の組み合わせ/大阪府和泉市

素材の最終確認,リゾートハウス,大阪,和泉

和泉の家_リゾートプールハウスの素材の最終確認をしています。床に使う石、壁に使う石、天井に使う木、キッチンのカウンター、面材、塗装の白、サッシの黒、などなど、色艶や素材の持つ存在感をイメージしながら、確認していきます。

たくさんの素材の組み合わせ、は高級住宅ならではの楽しいものなのですが、うまく組み合わす技術や感性は、間違いなく建築家の能力だな、というくらいに難しく慎重に行っています。

ショールーム巡り/大阪府大阪市

洗面ボウル,建築家

四條畷の家_太陽を取り込む家は、お施主さまとショールームに行っていました。パナソニック、リクシル、サンワカンパニー、アドヴァンを午前中から午後に渡りご案内させていただきました。

フローリングや洗面ボウルなどいくつかの素材を確認いただきながら、イメージを膨らませていきます。

銘木屋にて材木の選定/大阪市住之江区

床板の選定,建築家

お施主さま、工務店さんと一緒に、鳥飼の銘木屋にて床板を見にいってきました。南港の家_木のマンションリノベーションではリビングに面して畳コーナーがあり、そこに小さな床の間があります。

私のイメージではスギをたくさん使っていますので、違いを見せたくて、ちょっと濃いめの色の床板(花梨とか)がよいかな〜と思っていたのですが、お施主さまのイメージは白っぽくて皮付き、楠(くす)を選定されました。私とお施主さまのイメージの相違、まあ、こういうことも良くあるのです(笑)

南港_障子、床の間

つくりながら詳細のイメージや素材の組み合わせ等も考えていきますので、スギと合わせて扉の色等で調整して、良い感じに仕上げていきたいです。和紙や珪藻土の組み合わせも楽しみです。

照明の見学/大阪市中央区

照明,ペンダントライト,建築家2

いくつかのプロジェクトで照明を探していますので、ヤマギワショールームへ行ってきました。和室やダイニングに合いそうなもので、素材やデザイン、明るさを確認してきました。さすがに良い感じのものが揃っています。

照明,ペンダントライト,建築家

↑こちらは結構お気に入り、ですがペンダントだけで明るさを確保するのは難しいようです。ダウンライト等と合わせて明るさを確保してみてはどうかと考えています。

照明,ペンダントライト,建築家3

↑モダンな和室に合いそうな照明、透け具合がとても美しいです。

DSC02517

↑こちらはダイニングの照明、やわらかく光が広がり、温かみがあります。また、機会があればお客さまと一緒に見てみようと思います。

素材探しに行ってきました/大阪府和泉市

素材探し,建築家,大阪

和泉の家_リゾートプールハウスで使用する素材を探しに行ってきました。リビングの顔となる床と壁の石材や洗面室・浴室のタイルを見て選定してきました。

床はブラック系のスレートでかっこ良く、洗面廻りはベージュのタイルで、ラグジュアリーな空間にしていくことになりました。

素材探しに行ってきました/大阪府

石,建築家

大阪府内の家_おおきな中庭テラスの家で使用させていただく、タイルや石の素材探しにご一緒させていただきました。名古屋モザイク→アドヴァン→平田タイルとショールームを廻らさせていただき、少しずつ、お施主さまのイメージを共有させていただけたと思います。

タイルと石の検討/大阪府和泉市

%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%81%ae%e9%81%b8%e5%ae%9a_%e7%9f%b3%e8%b2%bc%e3%82%8a%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%b2%bc%e3%82%8a%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6

和泉の家_リゾートプールハウスで検討中のタイルと石のサンプルをたくさん取り寄せ、確認中です。イメージに合う色合い、素材感や触り心地、価格を見て選定中です。素材の使い方、組み合わせは本当に難しく、手間と時間と想像力が必要な、楽しくも、ものすごく大変な作業なのです。

仕上げ材のお打ち合わせ/大阪府

%e5%ba%8a%e6%9d%90%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%b4%a0%e6%9d%90

大阪府内の家_おおきな中庭テラスの家はおおきなプランがまとまってきましたので、仕上げ材のお打ち合わせと概算見積もりの依頼を行わさせていただきました。お施主さまのイメージから想像し、こちらでいくつかフローリングのサンプルを取り寄せました。

素材の選定と組み合わせは本当に難しいですが、とても楽しい時間です。

玄関式台/自然木トチ/三重県津市

建築家の住宅,エントランス,玄関,自然木の式台

先日、ブログにてご紹介させていただいた「もくいち」さんにてつくっていただいたエントランス式台と上框です。エントランス式台はトチの一枚板で自然の木のカタチを活かしています。トチは木目に特徴があり、縮杢といわれる木目が波状に縮んでシワが寄ったように見える杢目が見られます。間接照明とすることで木をより引き立てています^^

上框はタモの正目を正面に向け、天端を板目としています。フローリングのナラとも似た色なのでうまく一体感が生まれています。タモは美しい木目が特徴で定番の材料です。

モダンなインテリアの中に自然のままの木、いかがでしょうか^^

建築家の紹介する素材/大阪府茨木市

自然木素材,阪急,彩都,建築家,設計事務所,自然素材阪急彩都の新規土地分譲に伴い、住まいの杜にて阪急彩都インフォ*ミュージアムに展示させていただく用の自然木のサンプルをいただきました。以前、設計させていただきました「津の家」でエントランス式台や框、床板をつくっていただいた「もくいち」さんという銘木屋さんにお願いしました。三重県松阪市飯高町にあります「もくいち」さんではおおきな倉庫からたくさんの材木を見ながら気に入った木を探すことができ、楽しみながら家づくりをすることができます。「もくいち」さんご協力ありがとうございます^^

 

今回は「5つの新規分譲土地で建築家による模型とプラン」「建築家の紹介する素材」を新たに展示します。今まで展示しています「Prime Terraceでの建築家による模型とプランの提案」も引き続きご覧いただけます。

 

なかなかおもしろい展示内容になっていますので、彩都インフォ*ミュージアムまで是非お越しくださいませ。住まいの杜の展示は2015年1月10日土曜日からご覧いただけます^^

philosophy

私たちの役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアントと設計者がコミュニケーションを重ねながらのプロセスです。
疑問があればおっしゃってください、ご理解いただけるよう説明させていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことですから。
ひとつひとつのプロセスが、「建てて良かった」というご自身の納得度につながります。
私たちは常に立ち合い、ともに考え、つくっていきたいと考えています。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は日本全国で建築・インテリアの企画・設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。設計前の土地探しから資金計画、お引き渡し後の家具の選定までトータルで建築をコーディネートしています。

ページトップへ戻る