akihiro kondo architecture 近藤晃弘建築都市設計事務所

役所調査&敷地調査/大阪府大東市

住道_角の堂住道駅で降り、大東の家_水盤のあるガレージコートハウスの市役所へ法規の調査、敷地に現況の調査に行ってきました。普段は、まちを歩き、散策しながら、というのも楽しみの一つですが、さすがに真夏の空の下、汗だくです。。

「住道」は、寝屋川と恩知川が合流する場所、つまり「角(すみ)」にあり、そこに祠や船着場があったことから「角の堂」と呼ばれていたことが名前の由来のようです。今でもちいさな祠(小堂)があり、歴史を感じることができます。

 

淀川花火大会/大阪市北区

淀川花火のコピー淀川花火大会に行ってきました。この日は小雨でしたが、花火の上がる直前には雨も止み、涼しい夏の夜でした。大迫力の打ち上げ音に圧倒され、圧巻のパフォーマンス。感動の連続でした^^

写真は打ち上げ前の雨上がりの一枚、大阪でもこんなに広い空が見られます。

月桃紙貼り/大阪府吹田市

和室和紙貼り吹田の家_木漏れ日のプールサイドハウスの和室は月桃紙を貼り終えました。月桃紙の柔らかい色合いにより落ち着いた空間となる予定です。

月桃紙は月桃という植物の葉でつくられた紙で、芳香があり防虫・防菌作用を持ち、壁紙や障子紙、襖紙に使用されています。

月桃は沖縄に生育する多年草で、収穫後約1年でもとの大きさに成長するので、大量に収穫しても森林破壊などの環境破壊を起こさない。そのため、木材パルプの使用量を大幅に節約でき、月桃紙は地球環境に優しい紙といわれています。

エスキス検討中/大阪府狭山市

狭山の家模型検討2 狭山の家_水盤のある中庭の家を模型にて検討中です。プランはずいぶんまとまってきましたので、立体的な検討を行っています^^その土地の条件をうまく引き出せるような、楽しいライフスタイルに花を添えることができるような、空間にしたいと思います。

静かな中庭と眺望のテラスがある住まいを、そのまま表現しています。変形地ということもあるので、尚一層、面白い外観、空間となります。

狭山の家模型検討1

ショールーム巡り/大阪府大東市

パナソニック大東の家_水盤のあるガレージコートハウスはお施主さまとショールームを巡ってきました。グランフロント内のパナソニック、LIXIL、サンワカンパニーを半日程度で廻り、いろいろとご要望をお聞きすることができました^^

仕上げや住宅設備機器もある程度まとまりましたので、概算見積もり用の図面の作成に入りたいと思います。

プール水張り試験/大阪府吹田市

プール水張り試験吹田の家_木漏れ日のプールサイドハウスはプールの水張り試験を実施中です。最近のプール設備は、水を足すことなく、ポンプにより、常にろ過、循環し、水の清潔さを保っています。そのためFRPの水槽から水漏れがないことがとても重要になります。

FRP水槽にタイルを貼り、水が溜められると空が映り込み、ユラユラと光が反射する中庭となります^^

プレゼンテーション/兵庫県姫路市

DSCN2062 姫路の店舗住宅_緑とアートのヘアサロンのプレゼンテーションをさせていただきました。外観はまちのランドマークとなるような、ヘアサロンの広告棟としてデザインしました。3階建てのコンパクトな店舗付き住宅です。

DSCN2063 ↑住宅ぽくない外観イメージ

DSCN2064 ↑サロンはモルタルの空間、窓からは緑が見えます。

DSCN2065 ↑サロンは道路から目立つように

DSCN2067↑リビングはテラスと連続します

断面計画/大阪府大東市

断面計画大東の家_水盤のあるガレージコートハウスの断面計画を行っています。ガレージ・中庭・水盤・リビングがうまく繋がる関係性を模索し、日照を考慮しながら検討しています^^

リビングと水盤の関係、面白く気持ちよい空間にしたいです。ユラユラと揺れる水面と乱反射する光をリビングに取り込みたいです。

石・タイル工事/大阪府吹田市

石工事リビング吹田の家_木漏れ日のプールサイドハウスでは石・タイル工事が進んでいます。リビングのおおきな壁にボーダーの石を貼っています。このおおきな壁に、暖炉を掘り込み、石と木と水と火のあるリゾート空間となる予定です^^

エントランス石工事エントランスの壁にもアクセントとして石を貼り、間接照明で演出しています。こちらの石は彫刻のように石を彫っているので、柔らかな陰影がとても美しいです。玄関ドアを開けると、中庭とプールが目に飛び込んできます!眺めるも良し、飛び込むも良し!!

ダイニングキッチンタイル貼りダイ二ングのタイルも施工中です。600角の大判タイルとしているので、存在感があります。陰影のある磁器質タイル(イタリア製)としているので、とても繊細な雰囲気のある空間になっています。

ヒアリング&敷地調査/大阪府狭山市

狭山の家_敷地調査&ヒアリング大阪狭山市にヒアリング&敷地調査にいってきました。大阪狭山市は緑が多く、気持ちの良い、良好な住環境の得られる都市です。学生の頃友人と、安藤忠雄氏設計の「大阪府狭山池博物館」(日本最古のダム式ため池の狭山池の博物館)を見に行ったのを思い出します^^

変形地ということもあり、沸々とイメージが湧いてきます。

1 / 212

philosophy

私たちの役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアントと設計者がコミュニケーションを重ねながらのプロセスです。
疑問があればおっしゃってください、ご理解いただけるよう説明させていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことですから。
ひとつひとつのプロセスが、「建てて良かった」というご自身の納得度につながります。
私たちは常に立ち合い、ともに考え、つくっていきたいと考えています。

akihiro kondo

contact

一級建築士事務所 近藤晃弘建築都市設計事務所

大阪
〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル4F
滋賀
〒520-0112 大津市日吉台3-6-11
TEL
06-6131-8905
FAX
06-6131-8906
E-MAIL
info@ak-archi.com
お問い合せ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • like

近藤晃弘建築都市設計事務所は日本全国で建築・インテリアの企画・設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。設計前の土地探しから資金計画、お引き渡し後の家具の選定までトータルで建築をコーディネートしています。

ページトップへ戻る