住道_角の堂住道駅で降り、大東の家_水盤のあるガレージコートハウスの市役所へ法規の調査、敷地に現況の調査に行ってきました。普段は、まちを歩き、散策しながら、というのも楽しみの一つですが、さすがに真夏の空の下、汗だくです。。

「住道」は、寝屋川と恩知川が合流する場所、つまり「角(すみ)」にあり、そこに祠や船着場があったことから「角の堂」と呼ばれていたことが名前の由来のようです。今でもちいさな祠(小堂)があり、歴史を感じることができます。

 

2015.08.31/Blog