%e5%a4%a7%e9%98%aa%e7%8b%ad%e5%b1%b1%e3%81%ae%e5%ae%b6_%e5%9c%b0%e7%9b%a4%e6%94%b9%e8%89%af_%e5%a4%89%e5%bd%a2%e5%9c%b0

狭山の家_緑と水盤のある中庭の家は擁壁の改修工事と地盤改良工事を行っています。設計のポイントは2つ、柱状改良を支持層まで到達させ、建物の荷重がかかるようにすること。擁壁からの安息角をとることで、仮に擁壁が崩れてしまったとしても建物には影響のないようにすることです。

%e7%9b%9b%e3%82%8a%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e7%9b%a4%e6%94%b9%e8%89%af%e5%b7%a5%e4%ba%8b

掘っていくと、柔らかい盛り土が確認されます。宅地造成時に平らにしたところの掘削土を盛って、ひな壇上に造成しています。支持層のある3m下まで地盤改良していきます。

%e6%93%81%e5%a3%81%e3%81%ae%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e6%94%b9%e4%bf%ae

擁壁も一部改修します。大谷石の見知ブロックを奇麗に撤去し、割り付けを合わせて積んでいく予定です。現在の規格の大きさや石の産地、表面の仕上がりが違うので、一体というわけにはいかないと思いますが、既存の擁壁は高圧洗浄で汚れを落とし、様子を見ながら合わせていく予定です。

2016.11.01/Blog